スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年3月上旬、腫瘍の詳細と注射

3月上旬、針生検を受けた病院へ結果をきくために行ってきました。
診断結果について先生から説明を受けましたが、がんの告知を受けてから
ずっと落ち込みっぱなしでいっぱいいっぱいだったためあんまり理解
できませんでした。
乳腺手帳を再度確認しましたが、「乳頭腺管癌(硬癌)」と記入が
ありました。こういう症例だったんですね…
http://www.ususus.sakura.ne.jp/062-013lpapitubu1.html
ただ、症状説明の後に聴いたトリプルネガティブ、という言葉については
頭に残ったんです。あまり聞き慣れないものですが、ネガティブが3つって
なかなかすごいなー、なんて。
がんの治療に効果のある薬に対して陰性、とかそういうことなのかな、と
漠然と考えていました。ただ、術前の抗がん剤が効く、という発表が
なんかの学会であったそうで、腫瘍を小さくする、うまくいけばなくなる
みたいな説明もされたので、だいぶ気持ちが楽になりました。
とにかくどんな種類のがんでも告知を受けてしまうと余命はどうだとか自分は
いらない人間だとかすさまじくネガティブになってしまうと思うので、
そういう人たちを多く診ている先生だからこそ、患者にどう話せばがんに立ち向かう
勇気を持ってもらえるのか、ということをよくわかっているのでしょう。
いい先生に出会えたと感謝しています。

それで、抗がん剤治療についての説明を受け、薬剤師の方や看護師の方、
乳がんを患って回復された方といろいろとお話をし、治療中の副作用は
あるけども確実に効果があるから頑張ってほしいとやっぱり励まされました。
病院スタッフの方々も皆さん親切で本当に助かります。

お話のあと、私が予想していなかったことが起こります。

リュープリン注射

今回は検査結果をきくだけだと思っていたら、注射がありました…
リュープリンというホルモン抑制剤の注射を受ける、という話をしたのですが、
てっきり抗がん剤を受ける日にやると思っていたんです。
なんでも「抗がん剤治療の前に薬を体に入れておいたほうが効果がある」
とのことで、おなかに注射することになりました。
確か注射の前に抗がん剤の量を決めるため?身長と体重を量ったのですが、
それで終わりかな、と思っていたのですが…
注射したあとのほうが痛いです、注射自体はすぐに終わります、ちょっとチクッと
しますけど、とのことでした。
確かに、思わず「はやっ」とつぶやいてしまうほど注射はあっさり終わりました。
どういう仕組みかはよくわからないのですが、注射した薬剤は固形となって
体の中にとどまり、少しずつ溶け出していく、というふうに聴いた気がします。
12週を過ぎたら位置を変えてまた打つことになるらしいです。

打ったあとのほうが痛い、というのは本当で、体を曲げたりトイレでしゃがんだり
するのがしばらくつらかったです。もう打った直後から痛み始めたんですよね。
1週間ぐらいしたら痛くなくなったと思います。

注射ののち、心電図を受けてから会計となりました。
意外にリュープリンが高いのか、3万円近くかかっていましたね。
病気になると一気にお金が飛んでいくなー、と実感しました…
Adobeが発売しているCreative SuiteのWeb Premiumというホームページ作成や
画像編集などのソフトがひとまとめになった20万円ぐらいするソフトを買うために
貯めていたお金が違うところで役に立ってよかったです…また貯めますわ…

次はようやく抗がん剤治療、初回の話になります。
だいぶ追いついてきました。現在の日付(2010/3/31)に。

気が向いたら明日更新します。できなければ後日。

この記事が参考になったと思われたら↓をクリックして下さると嬉しいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



羊の国のラブラドール絵日記さん三十路男とトイプードルの新生活さん
をまねてバナー作りました。すみません。お2人を尊敬してます!
スポンサーサイト

テーマ : 健康生活:病気・治療法
ジャンル : ヘルス・ダイエット

2010年2月中旬、針生検

がん告知を受けた3日後、セカンドオピニオンを受けた病院へ検査結果の報告と
今後についてどうするか、相談をしに行きました。

朝早い時間でないとやっぱり予約時間を過ぎても待つことになります。
それだけ受診者が多い病院なんですよね。いろんな年代の方がいらして
います。年齢を問わずかかってしまう病気なんだな、と実感しました。

しばらく待ったあと診察室に呼ばれ、まずは診療所とPET検査の診察結果を
渡し、内容について説明をいただきました。左の脇下のリンパと左胸上部に
がんがあること、あとは肺の小さな腫瘍について。
それからMRIの検査結果を見ることができました。パソコンのモニターに
映し出されたのは単に前から見ただけの映像ではなくて上半身を上から下まで
ぐるりと180度回転させられる3Dっぽいものでした。病院に行っても
レントゲンしか撮影したことがなかったので今の技術だとここまで
できるんだなー、とびっくり。PETのほうは映像ではなく正面、右、左、
背面などの撮影画像を連続写真風にして紙に出力したものでした。

PETのほうはサーモグラフ的で、MRIは…なんだろう、どう表現したら
よいのか難しいのですが、撮影した映像では腫瘍のある部分がキラキラ
光っています。体の中にある血管とかリンパ管とか乳腺とかに流れた
造影剤を映し出しているのではないかと思いますが、違うかな?

PETとMRI

診察時に乳腺手帳をいただいたのですが、MRIについてしこりの造影範囲が
広い、と記入がありました。
それでもやっぱり撮影画像だけでは腫瘍の種類がわからない、ということで
針生検を受けることになります。

コアニードル生検

注射、あるだろうなーとは思っていましたがまさか局部麻酔が必要なものだとは
思っていませんでしたね。細胞診の時より太めの針を使って採取するらしく、
麻酔を打たないと相当痛そうな感じです。
実際麻酔を打ったときにちくりとしただけで、針生検のほうは痛くなかったですよ。
ただ、採取するときにバチンバチンと音が鳴るのが気になりました。音が痛そうに
聞こえるんです(でも痛くない)
やっぱり怖いので針生検に使う器具がどんなものかは見ないようにしていたのですが、
Googleにて「針生検」で検索して出てきた「コアニードル生検」の画像と同じような
器具を使われたのではないかと思います。それを上の絵にしました。

終わってから針を刺した跡について大きな絆創膏で覆ってもらい、入浴などに
関する諸注意を受けました。局部麻酔をしているので風呂はだめ、お酒もだめ、
血行のよくなるような運動などはしない、絆創膏はしばらくはがさない、
絆創膏のガーゼ部分よりも広い範囲で血がにじんだら病院に連絡する、ということです。

当日の会計は1万円弱程度です。
検査結果は2月下旬に判明するとのことで、3月上旬に診察の予約をとっていただきました。
まだまだ悶々とする日々が続きます…

がんの性質確定についてのお話はこちら

この記事が参考になったと思われたら↓をクリックして下さると嬉しいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

テーマ : 健康生活:病気・治療法
ジャンル : ヘルス・ダイエット

2010年2月中旬、がん告知

ComicStudioという漫画を描くためのソフトが現在市販されているバージョンから
フルカラーで描けるようになったので、使ってみました。
このソフトを使ってカラーで描くのは初めてなのでちょっと手こずりましたが、
こういう絵でも2時間ぐらいはかかってしまっています。もっと慣れるように
頑張りたいところです。

2月の中旬に土曜日も診察している診療所へ細胞診やPET検査の結果を聴きに行きました。
今回は8:30ごろ診療所へ着いたせいか20人待ちぐらいで、自分の番がきたのは9:30?
もっとかかったかな?とにかく待ちましたね。

診察室に入ってまず目についたのが「Cancer」と書かれた書類で、Cancer=蟹、と
最初に頭に浮かんだわけですが、がんもキャンサーなんですよね。そういえば。

告知されました

予想はしていたんですけど改めて告知されるとやっぱりショックだし、婦人科で
最初に診断されたのは嚢胞だったのになんでだろうとか厄年だからこんなことに
なったんだろうとかとにかくいろいろぐるぐるぐるぐる考えてしまい診察室を
出て会計を待っているときに思わず、声は出さなかったですが泣いてしまいました。
細胞診の結果もPET検査の結果も「腫瘍はがん以外の何者でもない」ということで、
おまけに肺の中になんか小さい腫瘍があるよ、とまで言われてしまったんです。
オプションまでついちゃってもう落ち込まずにはいられない。

(追記2010/3/30)会計は400円弱でした。検査結果のお話だけだったからだと
思います。

その日は家族がついてきてくれていたので病院を出てから診断結果を話しました。
病院内で、小声だとしても話すことがはばかられたので人通りの少ない住宅街を
歩きながら「やっぱりがんだってさ」と伝えたわけです。
話をするうちに、もうなってしまったものはしょうがないから、あとは治すことに
専念しよう、という考えにまとまりました。実際何もせずにいたらもっと不幸な
結果になっていたかもしれないし、現代の医学を信じてみようか、ということで。

そして、治療のためにセカンドオピニオンをして下さった病院へ通うことになります。
土日祝日の診療はしていないので月曜日の午前中に半休をとり、電話で予約をしたら
火曜日の午後なら予約を入れられる、とのことで火曜日に行くことにしました。
告知されてしまったらとにかく早く治したい。その一心です。

とはいえやっぱりしばらくは気落ちしますね。
いつになったら前向きになれるのかな…なんて感じでずっと沈んでいました。

次は針生検のお話です。記事はこちらから。

この記事が参考になったと思われたら↓をクリックして下さると嬉しいです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


テーマ : 健康生活:病気・治療法
ジャンル : ヘルス・ダイエット

2010年2月上旬、MRI検査

休みの日なのでまとめて更新しています。今日から仕事なのでしばらくは更新が
ないかもしれません。気が向いたら更新しているかもしれません。
でもまだ2月の出来事を書いているので現在の日付(3月29日)に追いついてない
ことに焦りを感じています。いや個人のブログなので別に焦らなくてもいいんです
けどね。

2月の上旬でMRIの予約を取っていただいたので、受けに行きました。
婦人科のほうで紹介していただいた別の病院の診察予約も2月の上旬で取って
いましたが、あんまりたくさんの病院に行くのもなんなのでそちらはキャンセル
してしまいました。申し訳ないです。

当日は乳腺外科でなく放射線科のほうで対応とのことで、放射線技師さんから
撮影に関するレクチャーなどを受け、検査着に着替えてしばらく待ちました。
ちなみにMRIも事前に食事をとってはいけなかったようです。これも病院によって
まちまちですが、私は朝からの検査だったせいか食事はとらないよう指示が
あったのに、忘れていました…検査の数時間前になんか食べた気がします。
すみません。またそのうちMRIをやることになるのでそのときは気をつけます。

しばらく待ったあと、造影剤投与用の注射針を腕に刺したのですが、血管が
深いところにあるらしくうまく刺さらないようで4回ぐらい刺す位置を替えて
結局は手の甲に落ち着きました。血管が深いところにあるんじゃなくて単に
私がデ(ryだから肉に埋もれて血管が見えないだけなんじゃ…なんかすみません。
放射線技師さんも「私も採血とか難しいって言われますー」とおっしゃって
下さったのですが、彼女は私と違って細かったです…うーむ。

機材の準備が整ってから部屋に入り、造影剤の点滴とつながったチューブを
つけられ、台の上にうつぶせで乗り、背中は寒くないように布をかけられた
記憶があります。

MRI

撮影する箇所は上半身なので、検査着の前はあけていました。台の、ちょうど
上半身が乗る部分に穴が開いていたみたいで、そこに撮影のカメラか何かが
くるのでしょうね。
機械が放つ音がかなりうるさいそうで耳栓もつけてもらいました。
CTやPETの機械と同じで狭いところに出し入れされるのですが、MRIは
ブッブッブー、コツコツコツ、キンキンキン、などの工事現場的な音がします。
造影剤の金属反応を見るために機械からそのような音が出るらしいです。
耳栓をしていても結構音が聞こえてはきますが、耳栓がないと相当うるさい
みたいで、気をつけないと難聴になったりとかするとききました。
それから機械の内部は暗いので、閉所恐怖症の人は受けられないそうです。
今回も目をつぶっていましたが、PETの時と違って真っ暗?っぽかったですね。

同じような姿勢でやっぱり25分ぐらい撮影されていたようです。
今回は体が全部台に乗ったので腕がしびれてつらいとかはなくよかったです。

撮影終了後は造影剤の排出について指示を受け、着替えたらすぐに会計を
行うことができました。
診察ではなく検査なので2万5千円程度かかりましたね。まぁ仕方ないかなぁ。
病状をはっきりさせないとならないし。

あ、造影剤排出についてですが、水分をたくさんとって早く体から排出できる
ようにするとよいとか、具合が悪くなったら連絡してほしいとかそういうこと
でした。
幸いなことにそのときは具合も悪くならず普通に過ごせたのですが、PET検査の
2日後に高熱が出てしまって、今考えればPET検査で使った薬の副作用なのかな、
と思いました。熱は高かったのですが一晩で平熱まで下がったものですから…

次はがん診断確定のお話です。こちらからどうぞ。

この記事が参考になったと思われたら↓をクリックして下さると嬉しいです。
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

テーマ : 健康生活:病気・治療法
ジャンル : ヘルス・ダイエット

2010年1月末日、PET検査

診療所から紹介された、PET検査をやってもらえる病院へ1月の末日に行ってきました。
予約をした当日に病院から電話があり、当日の諸注意や予約の確認などをされた記憶が
あります。
たぶん、診療所の先生からの予約だったので受診者本人に予約内容の確認を
とりたかったのかもしれませんね。親切な病院だなぁ。

当日朝からの受診のため、朝食はとらないよう指示がありました。
今回体に注射する薬剤がブドウ糖のため、それに類するものを食べてしまうと撮影に
影響が出てしまう、ということみたいです。
病院に行くと待合室にお茶の自販機(無料)があり、そこに入っている飲み物は
好きに飲んでもかまわないとのことでした。
さんぴん茶(ジャスミン茶)、ほうじ茶、緑茶の3種類から選べます。
自分は確かさんぴん茶を飲んだ気がしました。名前が珍しいので新製品好きな私は
ついついそれに手を出しましたが、飲み物を煎れたあと自販機を確認したときに
「さんぴん茶(ジャスミン茶)」と表示があって拍子抜け。もちろんジャスミン茶は
普通に飲めるのでまずかったとかはなかったですが、なんか残念な感じです。

上下ジャージ風の検査着に着替え、撮影に関する諸注意を医師から伺い、まずは
CTの撮影を行い、次にブドウ糖っぽいものの注射を受けました。注射をしてからは
1時間程度…だったと思いますが安静にしなければならないらしく、仮眠室のような
ところに通され、500mlペットボトルのお茶をもらいました。それを少しずつ飲みながら
ただ静かに過ごす、という感じです。本を読んだりテレビを見たりすると疲れる、と
いうことだそうで、寝ているかぼーっとしていなければならないみたいですね。

そのあとようやくPET検査となったのですが、ここからがつらかった。

PET-CT

少しでも体が動いてしまうと撮影画像に乱れが出てしまい、再度撮影することになるかも
しれないとのことで、布とかヘッドギアのようなものでひたすら固定されてしまいました。
ただ私の肩幅が広いせいか自分が寝る台から両手が出てしまい、手だけ浮かせるような
状態になっていたんです。でも動かしたらまずいからしびれてきてもじっと我慢。
体が小さい人なら台に体を預けることができるので「固定されまくってて体がつらい」
とかはたぶんないと思います。
固定され動けない状態で、筒状の機械に出し入れされるのが30分ぐらい続きました。
終わったときは本当に解放された気分です。
自分は目を閉じていましたが、機械の内部はそんなに暗くはなかったような気がします。
閉所恐怖症の人は受けられない、とかそういう注意はなかったのでわりと開放的な
機械なのかもしれませんね。

検査結果は直接診療所の先生へ渡されるそうで、撮影後すぐに会計となりました。
保険適用で3万円ぐらいだったかと思います。保険なしだとその3倍以上かかるそうなので
保険に入っていてよかった、と実感した次第です。

次はその10日後にセカンドオピニオンを受けた病院でMRIの検査を行いました。
MRIについてはこちら

この記事が参考になったと思われたら↓をクリックして下さると嬉しいです。
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

テーマ : 健康生活:病気・治療法
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

みずこぎ

Author:みずこぎ
トリプルネガティブと呼ばれる厄介らしい病気になりました。
完治に向けて頑張ります。

同じ症例の人に希望を持ってもらえるような記事を書きたいです。

犬は飼いたいのですがまだ飼っていません。昔コーギーを飼い主が旅行の間じゅうだけ預かったことはあります。
スピッツ系の犬が好みっぽいです(サモエド、コーギー、柴犬)

カテゴリから記事を見るほうが見やすいかと思います。
カテゴリ内の記事は古い順で並んでいます。


バナーできました

登場キャラクター
やる気と無気力
やる気(左-レッド)
無気力(右-トライカラー)
長期連載のてこ入れキャラっぽい…
私の空想の産物。非実在青少犬?
やる気は女の子、無気力は男の子
名は体を表しているよ
家族の人
家族の人(ゴールデンレトリバー)
いろいろとお世話になっています
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログパーツ


ランキング参加中
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



blogram投票ボタン
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
バナーありリンク
エニッキ.com

絵ブログ検索エンジン

はれるやあめしぶ

アメブロガーさんリンク集
アメブロガーさんへのリンク集を
まとめました
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。